パソコンやExcelの設定と準備
ExcelVBAで自動化プログラムを作成したり、作られたプログラムを実行するためには、あらかじめ次のようにパソコンやExcelの設定を行なっておく必要があります。
「(12)本書を見ながらExcelを操作する方法」にしたがって、本書を見ながらWindowsやExcelの設定などを行うことができます。


ファイルの拡張子を表示させる

WindowsXPなどの初期設定では、ファイルの拡張子が表示されていない場合があります。拡張子が表示されていないと、同名のファイル名でも拡張子が異なる場合などにファイルの種類が確認できずに不便です。

「(22)ファイルの拡張子を表示させる」方法はこちら



マクロが動作するようにExcelを設定する

マクロとは、ExcelVBAのプログラム言語を使って作成した自動化などのプログラムのことをいいます。以後プログラムとは言わずに「マクロ」と言います。

Excelの文書をインターネットなどからダウンロードして実行したときに、マクロウィルスに感染することがあります。マクロウィルスとは、ExcelVBAのプログラム言語で記述されたウィルスで、他のウィルスと同様にパソコン上で動作する悪質なプログラムです。

感染すると、Excelブックを開いたときにユーザーの知らないうちに起動して自分自身を他のファイルにコピーして感染を広げていきます。
 
そのため、Excelの初期設定では、VBAのセキュリティレベルが「高」に設定されていて、ほとんどのマクロを実行できないようになっています。しかし、それでは信頼のおけるマクロや自分で作ったマクロが動作しません。

そこで、Excelのマクロが動作するようにセキュリティレベルを「中」に設定しておく必要があります。
なお、セキュリティレベルを「中」に設定すると、マクロが記述されたExcelブックを開くとき、警告のダイアログボックスが表示されます。信頼性のあるブックや自分で作成したマクロを有効にするには「マクロを有効にする」をクリックします。ただし、ブックの入手先やマクロの作成者が不明な場合はマクロウィルスの可能性があるので、「マクロを無効にする」をクリックするようにしてください。

もちろん本書で使用する教材はすべてウィルスなどは含まれていないので安心して「マクロを有効にする」をクリックしてください。

「(23)マクロが動作するように設定する」方法はこちら



Visual Basic Editorの起動方法を知っておく

マクロは、Visual Basic Editorという編集ソフトを使い、ExcelVBAというプログラム言語を記述して作成・編集していきます。

本書ではVisual Basic EditorをVBEと略して記述しています。プログラム言語のVBAという言葉と似ていますが、「VBA」のほうはあまり意識する必要が無いので、VBEと混同しないように本書ではあまり使わないようにしています。ここではVBEの起動方法を覚えておきましょう。

「(24)Visual Basic Editor(VBE)の起動方法」はこちら



変数の宣言を強制する設定をおこなう

マクロの中では変数というものを記述して使いますが、この変数の名前を間違えて記述した場合にエラーメッセージを表示する設定にしておきます。
そのほうがマクロ作成の作業効率が上がります。

(25)変数の宣言を強制する設定をおこなう」方法はこちら



ツールバーにフォームコントロールを追加する

ExcelVBAでは、ワークシート上にコマンドボタンなどを配置して、そのコマンドボタンをクリックすることでマクロを実行させるという作業はよくあります。
しかし、通常のExcelでは、フォームコントロールを配置するためのボタンがありません。「ツールバー(Excel2999,2992,2003)」や「クイックアクセスツールバー(Excel2007,2010)」にフォームコントロールのボタンを追加しておきましょう。

(26)ツールバーにフォームコントロールを追加する」はこちら