ファイルの拡張子を表示させる
Windowsの初期設定では、ファイルの拡張子を間違って削除してしまわないように拡張子を表示しないような設定になっています。しかし、拡張子が異なる同名のファイルがある場合、どちらのファイルを指定するか戸惑います。

ここではファイルの種類が判別しやすいように以下の手順で拡張子が表示される設定にしておきましょう。

拡張子とは

ファイル名に表示されるアイコンの形は、ファイルの種類によってさまざまです。逆にアイコンの形をみればファイルの種類がわかる、ということになります。そのファイルの種類はどうやって区別しているのでしょうか。

Windowsではファイルの種類を「拡張子」というもので区別して管理しています。ファイル名の後にピリオッドで区切って「.txt」「.doc」「.xls」などといった半角の英数字が3〜4文字程度付いています。これが拡張子です。

ファイルの種類によって拡張子が異なるので、Windowsはこれを見て種類にあわせたアイコンを付けているのです。またファイル名をダブルクリックしてファイルを開くことができるのも、拡張子に対応したアプリケーションを判断して起動するからです。

例として主なファイルのアイコンと拡張子は以下のとおりです。





拡張子を表示させる

設定方法はパソコンのOSに応じて下記リンク文字をクリックしてご覧ください。

Windows XPの場合

Windows Vistaの場合

Windows 7 の場合



(1)Windows XPの場合

@「スタート」をクリックして表示されるメニューの「マイコンピュータ」をクリックします。



A「マイコンピュータ」が開いたら、メニューバーの「ツール」−「フォルダオプション」をクリックします。



B「表示」タブの詳細設定で、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずして「OK」をクリックします。



C「エクスプローラ」を閉じます。

Dファイルの拡張子が表示されるようになります。





(2)Windows Vistaの場合

@「スタート(通常は画面左下の旗のマーク)」−「コンピュータ」をクリックします。



A「整理」−「フォルダと検索のオプション」をクリックします。



B「表示」のタブをクリックし、画面下のほうにある、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して「OK」をクリックします。



Cファイルの拡張子が表示されるようになります。





(3)Windows 7の場合

@「スタート(通常は画面左下の旗のマーク)」−「コンピュータ」をクリックします。



A「整理」−「フォルダと検索のオプション」をクリックします。



B「表示」のタブをクリックし、画面下のほうにある、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して「OK」をクリックします。



Cファイルの拡張子が表示されるようになります。