Visual Basic Editor (V B E)の起動方法
マクロを作成するときは、Visual Basic Editor(以後VBEと略して記述します)を使います。
VBEの画面構成やメニュー、どんな機能があるかなどの解説は「(41)VBE(VisualBasicEditor)の使い方」をご覧ください。
ここでは、VBEの起動方法を解説します。

Excel 2000 2002(XP) 2003の場合

Excel2007 Excel2010の場合




Excel 2000 2002(XP) 2003 の場合

@メニューバーの「ツール」−「マクロ」−「Visual Basic Editor」をクリックします。
   「Alt」キーを押しながら「F11」キーを押すとすぐに起動できて便利です。もう一度 「Alt」キーを押しながら「F11」キーを押すとExcel(ワークシート)を表示します。



AVisual Basic Editor が起動します。






Excel 2007 Excel2010 の場合

Excel2007やExcel2010の場合、初期状態ではExcel2003より以前のバージョンのようにリボンにExcelVBAに関するメニューがありません。したがってExcelVBAに関する操作ができるようにするには、最初に以下の手順でリボンに「開発」というメニューを表示させておきます。

@Excel2007では、左上のOfficeボタンをクリックし、「Excelのオプション」をクリックします。
  Excel2010では、「ファイル」−「オプション」をクリックします。

           

           


A「基本設定」をクリックし、「開発タブをリボンに表示する」にチェックを付けて「OK」をクリックします。



Bリボンに「開発」タブが表示され、ExcelVBAの操作ができるようになります。



Visual Basic Editorを起動するには

@「開発」タブの「Bisual Basic Editorをクリックします。
    「Alt」キーを押しながら「F11」キーを押すとすぐに起動できて便利です。もう一度 「Alt」キーを押しながら「F11」キーを押すとExcel(ワークシート)を表示します。



AVisual Basic Editor が起動します。