ツールバーにフォームコントロールを追加する
Excel VBAでは、ワークシートの上にマクロを実行するためのコマンドボタンや文字などを入力するテキストボックスなどを配置して利用することができます。

それらを配置したり編集するためのツールバーやボタンを、現在のツールバーに表示しておきましょう。
Excel2000,2002,2003では、現在のツールバーの場所に追加します。
Excel2007,2010では、クイックアクセスツールバーに追加します。

Excel2000,2002,2003の場合

Excel2007,2010の場合




Excel2000,2002,2003の場合
  「フォーム」ツールバーと「コントロールツールボックス」ツールバーを追加します。

@メニューバーの「表示」−「ツールバー」−「フォーム」をクリックします。



A「フォーム」ツールバーがシートの上に表示されるので、タイトル部分をクリックしたまま、書式設定ツールバーの下あたりにドラッグします。



B書式設定ツールバーの下に固定されます。



C同様にメニューバーの「表示」−「ツールバー」−「コントロールツールボックス」をクリックします。



D同様に、先ほど追加した「フォーム」ツールバーの後にドラッグします。



E「コントロールツールボックス」ツールバーが固定されます。



「フォーム」ツールバーtp「コントロールツールボックス」ツールバーは似ているので、使用するときは間違わないようにしましょう。




Excel2007,2010の場合
  クイックアクセスツールバーに「コントロールの挿入ボタンを追加します。

@リボンの上で右クリックし、「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」をクリックします。



Aコマンドの選択ボックス右の V をクリックして、「開発タブ」をクリックします。



B「コントロールの挿入」を選択して「追加」をクリックします。



C右側のリストに「コントロールの挿入」が追加されます。
  下側の「OK」をクリックしてオプション画面を閉じてください。



Dクイックアクセスツールバーに「コントロールの挿入」ボタンが追加されます。



E「コントロールの挿入」ボタンをクリックして図のように各種のボタンが表示されることを確認してください。