マクロを体験してみよう
「マクロ」とは、Excel VBAで作成したプログラムのことをいいます。

マクロを学習するときは、市販の書籍などにあるようにいきなりプロパティやオブジェクトなどを理解しようとしてはいけません。マクロを作成していくうえで最も大切なことは、マクロとは何かを正しく理解することが重要です。ここからは、マクロの概念と基本的な動作方法を解説します。



マクロの基本的な考え方

マクロとは、あらかじめ決められた動作を連続して実行できるExcelの機能です。たとえば、次のような「売上日報」を作成する作業を毎日繰り返しているとします。

 (1)「売上日報.xls」のファイル名をダブルクリックして開く
 (2)今日の日付を入力する
 (3)売上データを入力する
 (4)「売上日報.xls」に年度を付加したファイル名で保存する
 (5) Excelを終了する

この作業の中で、Excelを起動した後の(2)および(4)〜(5)の操作は判断の必要がない毎回決まっっている操作です。この部分は毎回ユーザーが操作しなくても、ボタンをクリックすることでExcelに代行させるることも可能です。

そこでExcelに対して(2)および((4)〜(5)の操作を「実行せよ」というマクロを作成しておき、Excelにそのマクロを実行させます。

ユーザーには判断が必要な(3)の操作だけを行なえば作業が楽になります。これがマクロの基本的な考え方です。



マクロを体験してみよう

今後、マクロが記述されたExcelブックを開く場合は、以下の方法で開いてください。

@「教材」フォルダの中の「マクロの体験」フォルダを開き、「売上日報.xls」 をダブルクリックして開いてください。



A次のようにExcelのバージョンに応じた「セキュリティの警告メッセージ」が表示された場合

  Excel2000,2002,2003の場合
      セキュリティ警告画面の「マクロを有効にする」をクリックします。
          

  Excel2007の場合
      @セキュリティの警告バーの「オプション」をクリックします。
        
   A「このコンテンツを有効にする」を選択して「OK」をクリックします。
    

  Excel2010の場合
      セキュリティの警告バーの「コンテンツの有効化」をクリックします。
        


B「売上日報.xls」が開きます。

セルC3には当日の日付が自動的に入力されているのであとはデータを入力するだけです。



C担当者名と売上データを入力し、「保存」ボタンをクリックします。



D)「売上日報.xls」と同じ場所に「売上日報.xls」に年度を付加したファイル名で保存され、Excelが終了します。



いかがでしたでしょうか。手作業が自動化されたのが身をもって体験できたと思います。



実際にマクロを見てみよう

それでは、「売上日報.xls」に記述されたマクロを実際に見てみましょう。
実際に下記の手順で操作してください。

@「教材」フォルダの中の「マクロの体験」フォルダを開き、「売上日報.xls」 をダブルクリックして開いてください。



AAltキーを押しながらF11キーを押してください。VBE(Visual Basic Editor)が起動します。
   左上のプロジェクトウィンドウで、「VBEProject(売上日報.xls)」の左側の+をクリックして下位を表示し、その中の「ThisWorkbook」を選択すると、右側のコードウィンドウにマクロが表示されます。
  マクロの意味は、「売上日報.xls」が開いたときにsheet1のセルC3に今日の日付を入力しなさいというものです。



CさらにプロジェクトウィンドウのSheet1(Sheet1)クリックすると、コードウィンドウにマクロが表示されます。
  マクロの意味は、Sheet1の「保存」ボタンをクリックすると、今日の日付を付加したファイル名で保存してからExcelを終了するというものです。



なお、マクロは作成したExcelブックに保存されるので、他のExcelブックで動作させることができません。

VBEの使い方やマクロの記述については、今後順を追って学習していくので、ここでは「マクロとはこういうもんだ」という程度でかまいません。