簡単なマクロを作ってみよう
Excelのマクロ機能でもっとも便利なのは、「マクロ記録」です。マクロ記録とは、Excelで実際におこなった操作を、VBAのマクロに自動的に変換してくれる機能です。

そのほかにもマクロ記録はオブジェクトやプロパティを調べるときにも役に立ちます。オブジェクトやプロパティとは何かの詳しいことは後で述べるとして、ここでは簡単な操作をマクロ記録してマクロを作ってみることにします。



簡単なマクロを作ってみよう

作成するマクロは、Sheet1のセルB2に「こんにちは」と自動的に入力する操作のマクロです。

以下の手順に従って実際に操作して下さい。

@Excelを起動します。
 タイトルバーにBook1と表示されています。



A「マクロの記録」を開始します。

  Excel2000,2002,2003の場合
  メニューバーの「ツール」−「マクロ」−「新しいマクロの記録」をクリックします。
        

 Excel2007,2010の場合
    「開発」タブの「マクロの記録」をクリックします。
  (開発タブが表示されていない場合は「(24)VisualBasicEditor(VBE)の起動方法.」を参照のこと)
        

Bマクロ名がMacro1になっていることを確認します。
 マクロ名はExcelが自動的に連番で付けるので、場合によってはMacro2とかMacro3とかになっている場合もあります。それでもかまわないので、今何というマクロ名で記録するのかだけを確認してください。
  確認後「OK」をクリックします。



Cここからマクロが記録されます。ゆっくり操作してください。
  操作を間違えると、マクロは間違えたとおりに記録されてしまいます。
 
  セルB2をクリックして選択します。



D「こんにちは」と入力してEnterキーを押します。



E「マクロの記録」を終了します。

  Excel2000,2002,2003の場合
  「記録終了」ボタンをクリックします。
  マクロの記録を開始すると、「記録終了」ツールバーが表示されます。表示されていないときは、メニューバーの「ツール」−「マクロ」−「記録終了」をクリックしてください。
    
 Excel2007,2010の場合
  「開発」タブの「記録終了」をクリックします。
     

 以上でマクロ記録は終了です。
記録中は、操作を間違ってもそのとおりに記録され、間違ったとおりに実行されるので、できるだけ間違わないようにしてください。
 間違えた場合は、「記録終了」をクリックしてマクロ記録を終了させ、Aからやり直してください。




作ったマクロを確認しよう

それではマクロ記録で記録されたマクロはどこに記述されているのでしょうか?

実はマクロは「標準モジュール」という場所に記録されています。
以下の手順で確認してみましょう。

@Excelのシートが表示されている状態で、「Alt」キーを押しながら「F11」キーを押してVBEを起動します。
AVBEが起動したら、左側のプロジェクトウィンドウの「標準モジュール」の下位に「Module1」が作成されています。

その「Module1」をダブルクリックすると、右側のコードウィンドウに、マクロ記録で記録したマクロ名(Macro1)のマクロが記述されています。






「Macro1 」を実行してみよう

@セルB2に記述した「こんにちは」という文字をDeleteキーを押して消去しておいてください。



AExcel2000,2002,2003の場合
   
「ツール」−「マクロ」−「マクロ」をクリックします。
   (Altキーを押しながらF8キーを押しても同様です)
      

  Excel2007,2010の場合
     「開発」タブの「マクロ」をクリックします。
    (Altキーを押しながらF8キーを押しても同様です)
      

BMacro1を選択して、「実行」をクリックします。

 参考
標準モジュールに記録されたマクロの一覧がこの画面に表示され、編集や削除を行うことができます。



CセルB2に「こんにちは」と入力されます。






以上のようにマクロ記録は、Excelで操作できるすべての機能をマクロ化することができます。

でも、このように便利なマクロ機能ですが欠点もあります。
それは次のとおりです。

1)操作を間違った場合でも、そのとおり記録するので、実行した場合も間違った操作を再現してしまう。
2)余分と思うようなマクロもすべて記録するのでマクロが長くなり、その分実行時間がかかる。

したがって、マクロ記録で記録したマクロを、VBE(Visual Basic Editor)を使って上の1)と2)を修正する必要があります。
その方法は追って学習します。




Book1を保存しよう

今後、マクロを記述した新規のExcelブックを保存するときは、以下の手順で保存してください。

簡単なプログラムですが、せっかく作ったのですから好きなファイル名で好きな場所に保存してください。後の学習でも利用します。
今回ここで作成した「Book1.xls」は「教材」フォルダにもあります。

 Excel2000,2002,2003の場合の保存方法

@メニューバーの「ファイル」−「上書き保存」をクリックします。

A初めて保存する場合は、「名前を付けて保存」画面が表示されます。保存する場所を指定し、任意のファイル名を付けて「保存」をクリックします。

    

  Excel2007,2010の場合の保存方法

@「Oficeボタン」または「ファイル」をクリックし、「上書き保存」をクリックします。

A初めて保存する場合は、「名前を付けて保存」画面が表示されます。保存する場所を指定し、ファイルの種類で「Excelマクロ有効ブック」を選択し、任意のファイル名を付けて「保存」をクリックします。
  保存されるブックの拡張子は「xlsm」となります。