サンプル映像「拡大」の字幕を作成する


字幕の作成に使用するソフト「ASS字幕作成」は、書籍に同梱しています。

サンプル「拡大」の内容



タイトル文字が徐々に拡大して表示されます。

サンプル映像を見る (インターネットに接続が必要)



字幕の仕様を決める

字幕を作成するときは、いきなり作成に取り掛かるのではなく、あらかじめ次のように仕様を決め手おけば、作成作業を効率よく進めていくことができます。

@動画のサイズは、横幅 640、高さ 480

A表示する字幕の文字は
 「サンプル字幕」と「提供 パソコンサポート工房」の2つの字幕本文

B字幕本文「サンプル字幕」について
 フォントは「HG創英角ポップ体」、サイズは「72」、フォントスタイルは「太字」 
 文字の色は「黄色」、その他のスタイル設定は「ASS字幕作成」の初期値どおり
 表示時間は動画再生後5秒から25秒まで
 表示位置は、字幕の基準点を「5」にして、中央(X座標 320、Y座標 240)に表示
 字幕効果は、動画再生後5秒から10秒のあいだで文字サイズを10→72に拡大
 さらに、動画再生後20秒から25秒までの5秒間でフェードアウト

C字幕本文「提供 パソコンサポート工房」について
 フォントは「MS ゴシック」、サイズは「36」、フォントスタイルは「標準」 
 文字の色は「黄色」、その他のスタイル設定は「ASS字幕作成」の初期値どおり
 表示時間は動画再生後10から25秒まで
 表示位置は、字幕の基準点を「5」にして、(X座標 320、Y座標 350)に表示
 字幕効果はなし



作成
手順1 動画を読み込む

@「ASS字幕作成」を起動します。
  表示されるまで多少時間がかかる場合があります。



A「開く」ボタンをクリックして、書籍に同梱している「背景動画.avi」を開きます。



B「字幕作成」ボタンをクリックします。



C「字幕作成」画面が表示されます。




作成手順2 ヘッダーの設定
 (詳細は「
(2005)字幕ヘッダーの作成」を参照)

 ヘッダーは作成する字幕ファイルの情報を記述する部分です。

@左側の「1.ヘッダー設定」の動画の横幅と高さに、開いた動画の幅640、高さ480と入力されていることを確認します。
 タイトルは作成する字幕ファイルの題名です。初期値の「Default」とします。
 制作者は、字幕ファイルの制作者の名前です。初期値の「Owner」とします。
  自動改行モードは自動で改行するかどうかです。字幕が英文のときだけ有効なので初期値の「2」とします。





作成手順3 字幕スタイルの設定
 (詳細は「
(2006)字幕スタイルの作成」を参照)

字幕スタイルでは、字幕本文(画面に表示される文)の字体、サイズ、色、縁や影の設定、基準位置、左右上下の余白などの基本書式を設定します。
複数のスタイルを設定できるので、字幕本文ごとに異なる書式を設定することができます。

最初に「サンプル字幕」という字幕本文のスタイルを設定します。

@スタイル名は、「Default1」と入力します。
 「フォント」ボタンをクリックします。



Aフォント名「HG創英角ポップ体」とスタイル「太字」、サイズ「72」を選択して「OK」をクリックします。



B設定したフォント名とサイズが表示されます。
  上のプレビューウィンドウにも反映されています。
  


C「文字色」ボタンをクリックします。
 文字の色は、「黄色」を選択して「OK」をクリックします。



D設定した色名が表示されます。



Eその他、線(縁取り)や影は初期値のままの設定としておきます。

 縁と影は上のプレビューウィンドウには反映されないので、あとで再生したときに確認して変更してもいいでしょう。

F表示位置・基準点は、字幕を表示する位置と字幕の基準位置を表します。
 たとえば「5」を選択すると、字幕の中央部が画面の中央になるように表示されます。「7」を選ぶと字幕の左上が画面左上の中央に来るように表示されます。
  ややこしいので、普通は「5」を選択しておくのがいいでしょう。
 
G余白は初期値のままで十分ですが、あとで再生したときに問題があれば変更するといいでしょう。

H設定後、「スタイル作成」ボタンをクリックします。



I「はい」をクリックします。



J「OK」をクリックします。



K字幕コードウィンドウに字幕コードが作成されます。
 「次のスタイルを作成しますか?」のメッセージには、「提供 パソコンサポート工房」の字幕スタイルを作成するので、「はい」をクリックします。

 作成されたコードの下方を見るには、字幕コードウィンドウ右側のスクロールバーを移動するか、コードウィンドウ内をクリックしてマウスのホイールを回転するかしてください。



L次に、同様の方法で、「提供 パソコンサポート工房」の字幕のスタイルを作成します。

 @スタイル名を「Default2」と入力して変更します。
 Aフォント名は「MS ゴシック」スタイルは「標準」サイズは「36」にします。
 B文字色を「黄色」にします。
 その他は、「サンプル字幕」の設定と同様に初期値とします。
 C設定を終えたら、「スタイル追加」ボタンをクリックします。



Mタイトルの時と同様に進め、次のメッセージでは、「いいえ」をクリックします。




N字幕コードウィンドウには、「Style」で始まるコードが2つ追加されました。
 上が「サンプル字幕」の字幕スタイルで、
 下が「提供 パソコンサポート工房」のスタイルです。
 


   作成したすべてのスタイルを削除したい場合は「スタイル削除」ボタンを
   クリックします。
   字幕コードをすべて削除したい場合は「全削除」ボタンをクリックします。

   

Oとりあえず、ここまで作成した字幕コードを保存しておきましょう。
  保存したファイルはあとで開いて読み込むことができます。

 「保存」ボタンをクリックします。



P保存する場所を指定し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。
 初期値の保存する場所は読み込んだ動画と同じ場所に指定されています。
 ファイル名は動画と同じファイル名が設定されています。
 これは、動画を再生したときに、動画と同じ場所に、
 動画と同じ名前の字幕コードファイル(拡張子はass)があると自動的に字幕も
 表示されるようにとの意味からです。
 この指定のまま保存します。




Q指定した場所に、動画と同じファイル名で拡張子がassのファイルとして保存されます。




作成手順4 字幕本文の作成
 (詳細は「
(2007)字幕本文の作成」を参照)

ここでは、実際に表示する字幕文字(字幕本文)を設定します。
文字には、フェードやスクロール、回転などの効果を付けることもできます。

それでは、表示する字幕の本文を作成します。

@文作成欄の「本文作成」ボタンをクリックします。



A本文作成画面が表示されます。

 @本文テキスト入力欄に、「サンプル字幕」と入力します。
 AレイヤーNoは「1」と入力します。
  注意:レイヤーNoは字幕ファイルごとに付けなければなりません。
     したがって、作成するレイヤーの字幕ファイルを、以前に作成した
     レイヤーの字幕ファイルと同時に使用する場合は、異なるレイヤーN
     にしてください。
  Bスタイル名は「v」をクリックして「Default1」を選択します。
 
C基準点は、「5」と入力します。
  D表示位置は、動画の中央位置の座標、Xは「320」Yは「240」と入力します。
  E開始時間は「0:00:05.00」、終了時間は「0:00:25.00」と入力します。
  これで動画の再生5秒後から25秒後まで「サンプル字幕」と表示されます。
    時間は「0:00:00.00」のままにはできないので、必ず「0:00:00.01」以上の
  数値を入力してください。
 F字幕効果を設定するために「字幕効果」ボタンをクリックします。



B字幕効果画面が表示されます。
 タイトルを表示するときに中心から文字サイズが10ポイントから36ポイントまで徐々に大きくなる効果設定します。(詳細は「(2008)字幕効果の設定」を参照)
 
 @文字サイズの初期状態を設定します。
  
サイズにチェックを付け、開始時間と終了時間を空白にし、サイズに「10」を
  入力します。開始時間と終了時間を空白にすると、時間に関係なく字幕が表示
  されると同時に文字サイズが10ポイントになって表示されます。
 A「作成」ボタンをクリックします。
 Bコードウィンドウに作成した「効果タグ」が表示されます



C次に、時間経過でサイズが大きくなる設定をします。

 @サイズにチェックを付け、開始時間に「0」と終了時間「5000」を入力し、
  サイズに「72」を入力します。
   開始時間は字幕(タイトル)が表示されてから効果が始まるまでの時間を
  ミリ秒単位で入力します。
  「0」ということは字幕の表示後に効果が始まります。
  終了時間を「5000」にすると、字幕が表示されてから5秒後にサイズが72ポイ
  ントになり、効果が終了します。
  以後、字幕の表示時間(25秒)になるまでこの状態で表示されます。
 
A次に字幕にフェードアウト(徐々に消える)の効果を付けます。
  フェードにチェックを付け、インは「0」、アウトに「5000」を入力します。

    これでフェードインは効果なし、フェードアウトは5秒間の設定です、
 
B「作成」ボタンをクリックします。
 Cコードウィンドウに作成した「効果タグ」が追加されます。
 D「OK」ボタンをクリックします。



D本文作成画面に戻ります。
 文字に字幕効果のタグが付加されています。



E「追加」ボタンをクリックすると、本文テキスト欄の文字が消え、字幕ウィンドウと字幕コードウィンドウに追加されます。



F続いて同じ要領で「提供 パソコンサポート工房」の字幕本文を作成します。
 
 @本文テキスト欄に「提供 パソコンサポート工房」と入力します。
 Aレイヤーは「1」と入力します。
 Bスタイル名は「Default2」を選択します.
  C
基準点は「5」と入力します。
  D表示位置は、X座標を「320」Y座標は中央より110ピクセル下げて「350」と入力します。
 E開始時間は、「0:00:10.00」、終了時間は「0:00:15.00」と入力します。
 F「追加」ボタンをクリックします。



G「字幕」と「字幕コード」に2つ目の本文が追加されます。
 この内容を保存したいときは、「保存」ボタンをクリックし、「名前を付けて保存」画面が表示されたら、保存場所を指定し、ファイル名を付けて保存してください。txtファイルが指定した場所に保存されます。
 あとから「開く」ボタンで読み込み、修正することもできます。



H「OK」ボタンをクリックします。



I字幕作成画面に戻ったら、「本文追加」ボタンをクリックします。
 「よろしいですか?」のメッセージに「はい」をクリックします。



J字幕コード欄の[Events]セクションに、「Dialog」で始まる字幕コードが2つ追加されます。






作成手順5 作成した字幕を保存する

@「保存」ボタンをクリックします。



A保存する場所を指定し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。
 初期値の保存する場所は読み込んだ動画と同じ場所が、ファイル名は動画と同じファイル名が設定されています。
 これは、動画を再生したときに、自動的に字幕も表示されるようにとの意味からです。変更してもかまいませんが、ここではこのまま上書き保存します。





作成手順6 作成した字幕を映像にして確認する
 (詳細は「
(2009)再生して確認する」を参照)

「再生」ボタンをクリックして再生させ、字幕の状況を確認します。

フルスクリーン表示させるには、表示部をダブルクリックするか、表示部を右クリックして表示されるメニューの「拡大縮小」−「全画面表示」をクリックします。
フルスクリーン時はコントロール部が隠れますが、マウスを動かすと表示されます。
フルスクリーンを解除するには、表示部をダブルクリックします。





作業手順7 修正

再生確認して、文字のサイズや字体、色などを修正したい場合は、字幕ファイルを最初から作り直したり、保存した字幕ファイルや字幕本文を読み込んで修正してもかまいませんが、「
(2010)ASS字幕コードを直接修正する方法
」にしたがって修正したほうが、手っ取り早くて簡単なので、こちらがお勧めです。



作成手順8 動画に字幕を焼き付けた動画を作成する

動画と重ね合わせた字幕は、動画に焼きこまれたAVI形式の動画として保存することができます。

詳細方法は「
(2003)作成した字幕を動画に焼き付ける方法
」をご覧ください。