目次へ
フランジ図の作図方法
機械製図の簡単な事例として図のような「フランジ」の図面を縮尺1/2で作成します。

準備 (01)Wordの準備をするにしたがってWordを設定します。

(02)ワードの用紙を設定するを参照して用紙サイズを「A4」に、用紙の向きを「縦」に、上下左右の余白を「20mm」に設定します。





(03)描画キャンバスを準備するにしたがって描画キャンバスを挿入します。
描画キャンバスのサイズ変更、移動は(04)描画キャンバスのサイズ変更、移動を参照してください。
(31)グリッド線を使用するにしたがってグリッド線を表示します。グリッド線の間隔は、文字グリッド、行グリッドとも最初に「5mm」に設定します。描く部分に応じて間隔を変更し直して作業するようにします。


作図
フランジ平面図を描く
図形は、「中心線,寸法線(0.5pt)」「標準線(0.75pt)」「外形線(1.5pt)」を使い分けて描きます。
同じ線は(42)図形の設定内容を規定値に登録するにしたがって、最初に描いた線の書式を規定値にしてまとめて描くようにすると効率的です。
中心線を描く
「挿入」タブの「図形」をクリックして「直線」をクリックします。




描く部品の大きさを想定しながら、横と縦の中心線を描きます。(32)直線を引くを参照。




描いた線をクリックして選択し、「書式」タブの「図形の枠線」をクリックして「長鎖線」を選択します。



フランジの外形を描く
「挿入」タブの「図形」ボタンの「フリーフォーム」をクリックします。


下図のように始点@をクリックし、次いでA〜Gまで順次クリックしていきフリーフォームを描き、終点Hでダブルクリックして終了します。
フリーフォームについては、「(33)角のある直線を引く」をご覧ください。



描いた図形の中のグリッドが隠れている場合は、選択された状態で「書式」タブの「図形の塗りつぶし」をクリックし、「塗りつぶしなし」をクリックします。


線の太さは、図形を洗濯後、「書式」タブの「図形の枠線」をクリックして、外形線なので「太さ」で1.5ptを選択します。


図形を選択してクリックしたまま、右クリックして「頂点の編集」をクリックします。



右上の頂点をクリックし、クリックしたまま右クリックして「頂点を基準にする」をクリックします。



次からの作業は、画面表示を200%に拡大しておこなったほうがやりやすいので、「表示」タブの「ズーム」ボタンをクリックして「ズーム」画面を表示させ、「200%」を選択して「OK」をクリックします。




白い○が表示されるので、情報にドラッグすると赤い点線のラバーバンドが表示されます。このラバーバンドの先端が図の位置まで来たときにドラッグをやめます。





先端が曲線になります。この曲線のことを「ベジェ曲線」といいまっす。
ベジェ曲線については「(36)ベジェ曲線機能を使う」をご覧ください。




同様に他の部分を図のようにベジェ曲線で描きます。




フランジの配管接続部を描く

(31)グリッド線を使用するにしたがってグリッド線の間隔を、文字グリッド、行グリッドともに「2mm」に設定します。

図のように中心線の交点から上に9mmのところに水平線、交点から左に.9mmのところに垂直線を補助線として描きます。
他の図形と重なる直線を引く場合は「(57)図形の中に直線や曲線を自由に引く」を参照して「フリーフォーム」で直線を引いてください。
グリッドに吸着させない位置に直線を移動したりサイズを変更する場合は「(31)グリッド線を使用する」を参照してください。



「挿入」タブの「図形」−「円/楕円」を選択します。



補助線の交点にまうっすポインタを合わせ、Shiftキーを押しながら右下にマウスをドラッグしていき、適当な位置でドラッグをやめます。このとき描かれる円の大きさは適当でかまいません。



縁を選択し、右側の緑のハンドルにマウスポインタを合わせ、形状が両矢印に変わったところで、中心線の交点から9mmのところまでドラッグします。



同様に下側の緑のハンドルも中心線の交点から9mmのところまでドラッグします。




クイックアクセスツールバーの「図形の塗りつぶし」ボタンをクリックし、「塗りつぶしなし」をクリックして円の中を透明にします。
枠線の太さは「1.5」にします。

これで半径9mm(直径18mm)の円が描かれました。補助線は消去してもかまいません。



同様の方法で半径12mmと半径8mmの円を描きます。
半径12mmの円の枠線の太さは1.5、半径8mmの円の枠線の太さは0.75とします。



フランジの固定用のボルト穴を描く

フランジをM10のボルトで固定するための穴を描きます。
画面の拡大表示を「200%」、グリッド線の間隔を「1mm」に設定します。

図の赤線のように「長鎖線」を引き、中心線の交点を中心とした直径12mmの円を図のように4か所に描きます。
円の枠線の太さは「1.5」にします。
図ではわかりやすく「長鎖線」を赤色で表示していますが、実際は黒色の太さ0.75で描いてください。





フランジの側面図を描く

ベース部分を描く

グリッド線の間隔を「1mm」とし、画面表示は「120%」以上に設定します。

図のように平面図から右方向に補助線を「フリーフォーム」で水平に引きます。補助線だとわかるように線の色は赤に設定しておきます。

補助線のように他の図形と重なる直線を引く場合は「(57)図形の中に直線や曲線を自由に引く」を参照して「フリーフォーム」で直線を引いてください。

直線など同じ図形を続けて作図する場合は、「(40)同じ図形を繰り返して描きたいときは」を参照してください。
線の色を変更するには「(37)線や枠線の色や太さ、種類を指定する」を参照してください。



描き終えたら図形の塗りつぶしを「塗りつぶしなし」に設定します。
補助線を選択し、「Delete」キーを押して消去します。

ボルト取り付け穴と配管用穴から補助線を引き、ベースの部分に0.75mmの波線を引きます。作図後、補助線を消去します。



画面表示を500%で表示し、図の赤丸内のようにベースの上下の角の部分をペジェ曲線で丸みを付けます。



配管接続部の外形に補助線を引き、フリーフォームで側面図を描きます。
線の太さを1.5に設定します。作図後補助線を消去します。



画面表示を500%で表示し、図の赤丸内のようにベースとの接合部をペジェ曲線で丸みを付けます。



図のように補助線を引き、側面図の内ねじ部分を0.75mmの破線で描きます。



「挿入」タブの「図形」−「曲線」を選択します。



@〜Fまで、おおよその位置をクリックしていき、Gでダブルクリックして曲線を描きます。



図のように補助線を引き、フリーフォームで@〜Fまでクリックしていき、Gでダブルクリックして終了します。



描いた図形を選択した状態で、「書式」タブの「図形のスタイル」欄の右下のボタンをクリックします。



画面右側に「図形の書式設定」が表示されるので、「塗りつぶし(パターン)を選択して「右上がり対角線」を選択します。
「前景」の色を「黒」にします。



斜線で塗りつぶされます。



同様にベースの下部の2か所にも図のように斜線で塗りつぶします。



「表示」タブの「グリッド線」のチェックをはずして図面を見てみましょう。



寸法引き出し線、寸法線を描く

寸法引き出し線と寸法線はフリーフォームで直線を描き、太さは0.5mmに設定しおます。

(40)同じ図形を繰り返して描きたいときはにしたがって設定すると、連続して直線が引けます。

矢印は直線を引いた後で「挿入」タブの「図形」−「矢印」−「双方向矢印」を設定します。




寸法を入れる

ワードアートで寸法を入れます。(50)ワードアートで文字を書くのページの「■寸法などの数値を書く」の項目を参照してください。

1つの寸法を作成したら、あとはそれをコピーし、「ワードアートテキスト」ボタンの「テキストの編集」で数値を変えていくと簡単です。

寸法の文字を横向きにするには、横向きにしたい文字を選択して、「(46)図形を回転・反転する」の方法で回転させます。